食生活を見直して、花粉症対策

ヨーグルトで善玉菌を増やして腸内環境を整えよう

花粉症と腸内環境には、深い関係があります。腸内環境の状態が良いと、免疫力が上がり、アレルギーに強い体になります。そのため、花粉によるアレルギー症状が起こりにくくなるのです。

腸内環境を改善するには、腸に良い食べものを積極的に食べて、善玉菌を増やしましょう。

腸内環境を改善するには、ヨーグルトがおすすめです。ヨーグルトには、腸の中の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす効果があります。スーパーマーケットやコンビニエンスストアで売られており、安価なため、継続しやすいのもメリットです。ヨーグルトは、花粉症の他にも、アレルギー性皮膚炎の改善にも効果があるとされています。

可能であれば通年通して食べるのが望ましいです。難しい場合は、花粉が多く飛散する時期に食べるようにするとよいでしょう。

地域によって異なりますが、2月から5月は花粉が多い時期です。この時期はスギ花粉が多く飛散します。また。秋にも、カナムグラなどの花粉が飛散します。

花粉症は、ストレスも大きな要因となります。食べ物に気を使いつつ、運動などで適度にストレスを発散しましょう。

アルコール・脂肪の摂りすぎとストレスに注意!

悪玉菌が腸内で増加すると、花粉症になりやすくなったり、症状が悪化しやすくなったりします。花粉症が気になる人は、悪玉菌を増やしてしまう食べ物に注意しましょう。

アルコールや。脂肪の多い食べ物は。腸内環境を悪化させ、悪玉菌が増える原因となります。アルコールは腸だけでなく、肝臓などの臓器にも負担をかけます。また、脂肪の多い食べ物は、肥満や生活習慣病の原因にもなります。

花粉症だけでなく、さまざまな体の不調につながるので、アルコールや脂肪の多い食べ物は摂りすぎないようにしましょう。かといって、我慢しすぎもよくありません。ストレスが溜まると、免疫力が低下し、花粉症が起こりやすくなります。過度に我慢せず、適度に摂るようにしましょう。

腸内環境が悪いと、花粉症につながるだけでなく、便秘や肌荒れ、うつ的な気分を引き起こします。食生活を改善すれば、花粉症やこれらの症状を防げます。

とつぜん発症した花粉症と付き合っていくために試行錯誤してます。でもそろそろ別れたい32歳。