花粉症の薬と対策グッズを紹介

花粉症の薬は飲み方を守って正しく使う

花粉症の薬は朝と夜に飲みます。朝は起床後30分以内に飲むことで、薬の効果が十分に発揮されます。夜は夕食後30分以内、または夕食前30分以内に飲むのが望ましいです。

ジュースやお酒ではなく、水やぬるめのお湯で飲みましょう。飲み方を守らないと、せっかく薬を飲んでも効果が得られません。飲み忘れが心配な人は、目に見える場所にメモを貼ったり、スマホにメモを書いておくとよいでしょう。

薬によって飲み方が異なる場合があるので、説明書はしっかり読みましょう。ちなみに、買ってから長い年月が経った薬は、効能が薄れている可能性があります。

目薬やメガネで花粉症対策

花粉症がひどくなるまえに、目薬をさしておくとよいでしょう。目薬は、市販のものから、病院で処方されるものまで、様々なものがあります。

また、花粉対策が施されているメガネも売られています。花粉が目に入るのを防いでくれるので、目の症状がひどい場合や、花粉が多い時期におすすめです。見た目は普通のメガネと変わらないので目立ちません。また、値段も高価ではありません。普段使いにも適しているものもあります。

目の対策をしておけば、ひどいかゆみや充血を防げます。目が真っ赤になって、周囲に過度に心配されることもなくなるでしょう。

花粉症は、あらかじめ対策しておけば症状がひどくならずに済みます。人によっては、薬なしで花粉症の季節を乗り越えられることもあるでしょう。

とつぜん発症した花粉症と付き合っていくために試行錯誤してます。でもそろそろ別れたい32歳。