花粉症治療薬の副作用を知ろう

アレグラの副作用

花粉症治療薬「アレグラ」の副作用は、軽いものから重いものまで様々です。もちろん、服用した人全てに症状が出るわけではありません。しかし、どのような症状が起こりうるのか、把握しておくことが大切です。

重大な副作用として、「アナフィラキシーショック」が挙げられます。アナフィラキシーショックが起こると、呼吸困難や血圧の低下、意識喪失や血管浮腫、胸痛などが起こります。このような症状の兆候が見られたら、すぐに服用を中止し、適切な処置を受けなければいけません。

肝機能障害や黄疸がでることもあります。まれに、白血球が減少することもあります。この場合も服用を中止し、医師に処置してもらいましょう。

これらの重大な副作用以外にも、様々な症状が起こる可能性があります。

精神神経系に起こる症状として、頭痛や眠気、疲労、倦怠感、不眠や過敏症、しびれ感が挙げられます。

消化器系に起こる主な症状は、吐き気や嘔吐、口の渇き、腹痛に下痢、消化不良や便秘です。腎臓や消化器系に影響が及ぶと、頻尿になったり、排尿が困難になったりもします。動悸や血圧上昇など、循環器系に症状がでることもあります。

その他の症状として、呼吸困難や味覚異常、月経異常や体重増加も報告されています。

ザイザルの副作用

花粉症治療薬の「ザイザル」も、様々な副作用が起こる可能性があるので、注意が必要です。副作用が起こる確率は低いので、過剰に心配する必要はありません。しかし、どのような症状が起こるか、あらかじめ把握していたほうが安全です。

重大な副作用として挙げられるのが、アナフィラキシーショックです。呼吸困難、血圧の低下、蕁麻疹など起こる可能性があります。

他に、痙攣や肝機能障害、黄疸も、低確率ですが起こる可能性があるので注意が必要です。これらの症状があらわれたらすぐに薬の服用を中止し、医師の処置を受けましょう。

ザイザルの作用は、身体の様々な部位で症状を引き起こす可能性があります。

ザイザルが精神神経系に影響を及ぼすと、眠気や倦怠感、頭痛やしびれ、不眠、抑うつに疲労や睡眠障害、幻覚や失神が起こる可能性があります。

消化器の症状としては、腹痛や下痢、吐き気などがあげられます。口の渇きや味覚異常、口内炎、食欲不振や消化不良、胃痛や便秘も報告されています。

循環器系で起こるのは、動悸や血圧上昇、不整脈です。腎臓や泌尿器系では、尿蛋白や頻尿、血尿といった症状が報告されています。

その他の症状として、発疹や蕁麻疹、耳鳴りが挙げられます。さらに、嗅覚異常や脱毛、筋肉痛や体重増加といった現象も起こるので注意が必要です。

とつぜん発症した花粉症と付き合っていくために試行錯誤してます。でもそろそろ別れたい32歳。