花粉症になった?基本的な症状をおさらい

花粉症の基本的な症状

春は花粉症の季節。多くの人がマスクをしたり、アレルギーの注射を打ってもらったりして予防します。

目のかゆみやくしゃみ、鼻水などの症状がひどいと、日常生活にも支障をきたすため、悩んでいる人も多いでしょう。今まで花粉症になったことがない人でも突然発症するのも、花粉症の特徴です。

花粉症は、スギ花粉や排気ガスといった、アレルギーを誘発する物質が原因で起こります。また、動物性脂肪を摂りすぎることで、症状が悪化するとされています。

自覚症状をあらかじめ把握しておけば、花粉症になっても、すぐに気づくことができるでしょう。

主な自覚症状は、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、涙目などです。スギ花粉が原因になっている場合、喘息発作やアレルギー性気管支炎など、咳の症状が起こる場合もあります。

また、「花粉皮膚炎」といって、目の周りや、顎から首にかけて皮膚がカサついたり、痒みがでることもあります。

花粉症と風邪の症状は似ている

花粉症になると、くしゃみがとまらない、目が充血する、鼻水が止まらずティッシュが手放せないなど、日常生活に支障をきたすことになります。

花粉症の症状は、風邪による症状と似ています。今まで花粉症にかかったことのない人だと、花粉症なのか、風邪なのか、判断が難しいでしょう。

病院ではアレルギー反応の検査も受け付けているので、「花粉症かな?」と思ったら検査を受けてみるとよいでしょう。

病院では多くの場合、花粉症の症状を抑えるために、内服の抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬が処方されます。抗アレルギー薬の場合、花粉が飛散すると言われている時期の2~3週間前から飲み始めると効果的です。

抗ヒスタミン薬は症状を抑える作用があり、花粉症を発症してから飲み始めても効果があるといわれています。

つらい花粉症のメカニズム

日本は花粉症で悩む人が多いです。花粉症の基礎知識やメカニズムを知って早めに治療を行うことで、早い回復が期待できます。

花粉症は体内に入ってきた花粉に対して起こる異物反応で、免疫反応と呼ばれます。花粉を異物だと認識して抗体を作り、再び侵入してきた花粉を排除しようとします。

免疫反応は体を守るために起こるものですが、免疫反応が過剰になると生活に支障が出ます。体に生じるマイナスの症状がアレルギーです。

くしゃみや鼻水、涙などの症状が出て多くの人が悩んでいます。スギやヒノキ以外の花粉症の中には皮膚が荒れ口の中が腫れる症状が出るものもあります。

花粉が体の中に入っても花粉症の症状がすぐに出るわけではなく、アレルギーの素因がない人は花粉症の症状はでないです。

アレルギーの素因を持っている人は抗原に対応する抗体を作りますが、この抗体は花粉によって異なります。花粉を浴び続けることで抗体が十分な量になると花粉症の様々な症状が出てきます。

飛散する花粉の量が増えたことで、子供の患者も多くなっています。花粉症の症状が出た場合は、アレグラなどの治療薬を使って症状を抑えていきます。人によって花粉症の症状が異なるので、医師の診察を受けて適切な治療を受けます。

花粉症の症状をおさらい

花粉症で特に辛いのが目と鼻です。鼻の粘膜に花粉がつくことで花粉を排除する免疫反応が起こります。くしゃみや鼻水、鼻づまりが免疫反応の三大トラブルです。

くしゃみは花粉症患者の多くが悩まされる症状で、連続して起こり回数が多いのが特徴です。鼻の粘膜についた花粉を取り除こうと体は鼻水を出します。

成分は涙とほぼ同じで無色です。表面の粘膜が腫れてしまうと空気の通りが悪くなり鼻づまりが起こります。鼻水やくしゃみがひどい場合に鼻をこすりすぎると粘膜が傷ついて出血が起こることがあります。

花粉症は目もつらくなります。花粉が目につくと免疫反応が起こり充血や目のかゆみが生じます。目の粘膜にある細胞に花粉が付くとヒスタミンなどを放出します。

ヒスタミンは血管や神経に刺激を与えます。目の症状の中で最も多いのが目のかゆみです。こすったり強くかくと角膜や結膜を傷つけることがあります。目と鼻の症状が出たら早めに治療を受けることが大切です。

花粉症の治療法には様々な方法がありますが、治療薬でよく知られているのがアレグラです。アレグラはアレルギー性鼻炎による鼻水やくしゃみ、鼻づまりを抑えてくれます。皮膚炎など皮膚のかゆみも改善します。