水虫治療のための薬の入手方法

水虫は主に足の角質や爪などに対して白癬菌が感染することによって生じる病気であり、昔から多くの人が感染に悩まされてきました。一度感染してしまうとなかなか治らないというのが多くの人による理解であり、治療薬があっても完治することができないという理解さえされてきています。しかし、水虫治療の状況は新しい治療薬の登場によって変化してきたのが事実であり、現在では根気よく治療を続けることによって完治することが可能になっています。
水虫治療のための薬を入手する方法として最も確実で安価な方法は医療機関を受診して、医師に処方箋を出してもらい、調剤薬局で購入するという方法です。水虫の状況に応じて適切な薬を処方してもらうことができることに加え、保険適用で薬を購入することができることからコストパフォーマンスの観点から最も良いといえる選択肢でしょう。一方、医療機関にかからなくとも自己治療で水虫治療を行うこともできます。市販薬として治療薬が販売されているからであり、特に足の皮膚に感染しているだけの場合には適切な外用薬を購入して使用するだけでも治療することが可能です。こういった購入の仕方をした場合には保険適用ではないため、費用が問題になることがあります。そういった際に安価に入手する方法として個人輸入するという方法があります。大量に海外から安価な薬を購入することによって、保険適用で購入したのと変わらないような単価で購入することができるようになる場合もあります。長期的に使用することが水虫治療においては不可欠となるため、大量購入してもそれを使い切ってしまうことも多いでしょう。そういった考え方から個人輸入するのも良い方法です。

水虫かもと思った時点でまず取るべき行動

水虫はお父さん世代の方々のもの、と思われがちですが、最近では女性にも多く発症するようになりました。女性も蒸れやすいストッキングや革靴、ブーツなどを履いて一日中仕事などをすることが一般的になったためです。
水虫はハクセン菌という菌が足の裏や指の間などに繁殖することによって、激しいかゆみやただれを引き起こします。
ハクセン菌が肌に付着し、靴下や靴などで高温多湿の状況にさらされることによって症状が加速していきます。
つまりハクセン菌を付着したままにしないためにお風呂でよく足を洗うことと、靴などの通気性をよくしていれば水虫にはならないのです。
しかしそうはいっても現代人の生活は水虫が発生する環境になりやすいので、もし症状が現れたときには正しい対処をすることが大切です。
第一に症状を確認することです。水虫は主に3つのタイプに分けられます。1つはジクジクタイプの趾間型です。指の間が赤くなったり皮膚がひびわれて剥けたりします。進行するとリンパ液が染み出てジクジクとした状態になります。2つ目は水ぶくれができてかゆみを伴う小水疱型です。これは足の裏や側面に多くみられます。3つ目はカサカサタイプの角質増殖型です。足の裏全体の皮膚が厚くかたくなってひび割れを起こします。薬の浸透が悪く治療が長引く場合があります。
自分の症状を確認したら薬局などで塗り薬を買って塗りましょう。ハクセン菌が広範囲に付着している可能性があるため、患部だけでなくやや広めに塗ることが大切です。また、症状を加速させないために足を普段から清潔にして、同じ靴を連日履かないようにするなどの生活習慣を見直すことも症状解消のポイントです。
塗り薬を数日しようしても効果が見られなかったり悪化したりした場合には皮膚科へ相談に行くようにしましょう。